高すぎる学費と奨学金返済の負担の改善を

fullsizeoutput_149b

京都の大学や高校、ターミナルで、若い世代の皆さんの高すぎる学費と奨学金返済の負担、ブラックな働き方についての実態調査の活動に取り組んでいます。LDA-KYOTO(Local Democracy Action−−生きやすい京都をつくる全世代行動)の皆さんといっしょに取り組んでいる運動です。

「大学院で研究者をめざしている。奨学金と仕送りで月10万円。研究にも出張などでお金がかかるので、食費は月3万円以内に抑えている」「将来のことが不安なので奨学金の分は貯金をしている」など、日本の未来を担う学生さんの多くが生活を切り詰めて勉強を続ける姿が浮き彫りになってきています。さらに、「母子家庭で母親の手取りは月20万円を切る。奨学金とアルバイトに頼って大学に通っているが、妹も高校生で、二人が大学に通うとなれば、家計はとても成り立たない」といった深刻な声もあり、必要な学生さんに行き渡る、返済不要の「給付制奨学金」の具体化は待った無しとなっています。

一方で、政府が現在検討している給付制奨学金は、「非課税世帯に限る」「成績要件をつける」「高校につき一人程度」といった条件が報道されており、極めて狭い範囲の制度となることが予想されています。これでは現在、困難な勉学条件のもとで苦しんでいる学生さんの役には立ちません。
教育を「個人の利益」ではなく「社会の利益」としてとらえて、国がふさわしい投資を行うことが必要です。誰もがお金の心配なく学ぶことができ、それぞれが身につけた能力を社会に還元することができる、そういう日本をめざして、引き続き多くの皆様と力を合わせてまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ちさか拓晃

ちさか拓晃

日本共産党・衆議院京都2区(左京区、東山区、山科区)予定候補、党府委員会常任委員(青年・学生部長)。
1973年生まれ、1991年大阪府立今宮高等学校卒業、1996年京都精華大学美術学部卒業。
左京区修学院在住、家族は妻と3歳女子。

関連記事

  1. 各地で日本共産党綱領と日本の未来を語り合う集いに参加しています

  2. 福島県の現状を視察。住民目線の「本当の復興」が求められている。

  3. 10月12日衆院京都2区の予定候補者として発表されました

  4. 東山・山科後援会の新春の集いで、日本共産党の躍進と野党共闘の発展をめざす決意を訴え

  5. 京都の小選挙区候補、そろい踏み街宣

  6. 沖縄の米軍基地建設の現場を視察。

  7. 学費・奨学金・ブラックな働き方の改善に向けて、文科省・厚労省・国会へ

  8. 日本共産党第27回党大会に参加。「市民と野党の共闘」が進む「新しい時代」の国政候補者にふさわしく成長…

  9. 新春の宣伝で新たな出会い。草の根から政治を変えるネットワーク、野党間の「競争」を。

最近の記事

  1. 東山区の全域で「民泊」の実態を調査。住民の暮らしと…
  2. 福島県の現状を視察。住民目線の「本当の復興」が求め…
  3. 沖縄の米軍基地建設の現場を視察。
  4. 東山・山科後援会の新春の集いで、日本共産党の躍進と…
  5. 日本共産党第27回党大会に参加。「市民と野党の共闘…

人気記事

PAGE TOP